歯科医院に来た男性
  • 2017.12.12

歯科医院に行って口内の問題点を洗い出そう!

歯科医院は虫歯を治すための場所だから、できれば行きたくないと考える人が多いです。
確かに虫歯治療は多く行われていますが、そのような理由で受診しないというのはもったいないことです。
今まで、歯科医院は痛みなどの問題が起きたら行く場所だという認識が一般的でした。
しかし、最近では痛くならないために行くという予防歯科の考え方が普及してきました。
歯科医院に行くことで、自分では見つけることのできない口内の問題点を洗い出すことができるからです。

口内の問題点というと、真っ先に虫歯を思い浮かべる人が多いでしょう。
口内という考え方では、歯だけでなく歯茎などお口全体の様子を確認して行きます。
お口の病気は虫歯も歯周病も進行性なので、放置しているとどんどん悪くなってしまいます。
初期段階では痛みがないので、気付いた時点ではすでに病気は悪化しているということです。
ですから、予防歯科では大人であれば半年に1度、子供の場合は3~4カ月に1度を目安にして特に問題がなくても定期的に歯科医院を受診しようと提言しています。
自分では毎日歯磨きをしているつもりでも、磨けていると磨いているでは状態に大きな違いが出ます。

歯並びによっては磨き残してしまう部位もあるでしょう。
歯と歯の隙間は歯ブラシだけで汚れを落とすのは難しい部位です。
予防歯科では、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助的なアイテムを使用してお口の中全体をきれいにする指導をしてくれます。
もし、歯磨きをしている時に歯茎から出血があるようであれば、歯周病が疑われます。
歯周病は歯茎や歯を支える骨に炎症が起きる病気ですが、少しずつ進行していくので自覚しにくいです。
お口の中に汚れがたまると、細菌が分解してプラークというものを作り出します。
プラークは柔らかいので歯ブラシで取り除くことができますが、そのままにしていると硬くなり、歯石と呼ばれる状態になります。
歯石は歯ブラシで落とせないので、歯科医院の専用の機器を使う必要があります。

また、歯周病は歯茎から血が出るだけでなく、膿なども出るため、口臭の原因になります。
腐ったような独特なにおいがするのが特徴で、原因が口の中にあるのでガムなどを噛んでもにおいを消すことはできません。
口臭があるという悩みも歯科医院で治療を受けることで改善できます。
これからは、歯科医院はお口の健康を守るパートナーとして考え、積極的に受診するようにしましょう。

信頼できる歯科医院は茅ヶ崎市にあると言われています。
茅ヶ崎市は神奈川県中南部に位置した海沿いの街です。
東海道本線が通っており、首都圏のみならず埼玉県まで交通の利便性が高くなっています。
多くの患者が来院するため、経験豊富な熟達した歯科医院となっています。
定期検診を受けようとお考えなら候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事
ページ上部へ戻る